週刊物流とは

週刊物流概要

近畿圏の中小トラック業界への浸透度は随一

小紙は昭和34年、近畿のトラック運送業界唯一の専門紙として創刊しました。54年もの間、トラック運送業とともに順調に発展してまいりました。現在では、近畿圏の数多くの中小運送業者に対して他紙の追随を許さぬ浸透力をもっていると自負しております。とくに業界に密着したキメ細かな記事は、トラック輸送関係者の必読紙として好評をいただいております。

中小零細業者の経営改善の一助を担う

創刊54年の実績をふまえ、厳しい経営環境下にあるトラック運送事業の耳目として、一層の内容の充実を図ります。近年では、長年抱える適正運賃収受の問題だけでなく、燃料費の高騰、安全・環境対策による経営コストの圧迫など、トラック運送事業者を取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。この状況を生き抜くためには、たとえ中小事業者であっても、単に実運送だけを担うのではなく、荷主の抱える課題である物流効率化や物流コストの削減に対して取り組む、総合物流事業者としてサービスを展開する必要があります。そこで小紙は、ロジスティクス・3PL事業分野の情報量の拡大を決定。中小トラック事業者の経営改善に貢献する新聞づくりを進めています。

購読のお申込みはこちらから 。